オープンカンファレンス#31を開催しました

2016月1月26日 今日も元気にAppLEAGUEオープンカンファレンス開催しました!

きちんと議題を提示していなかったので、参加者いるかなぁーと少し不安でしたが、前回の参加者がみんな参加してくれて、当初の不安と裏腹に、今回もおもしろいお話をすることができました。

 

 

IMG 3155

 

まずは、小規模事業における、インターネット環境、ファイル共有環境についてのお話。

今はクラウドの環境がいろいろと整備されていることもあり、活用の範囲もひろがってきてますよねー。

でも、クラウドって見えないもんだから、意外と混乱の元。今見ているファイルは、ローカル(事務所のパソコン)のファイルを見ているの?それともクラウドのファイルを見ているの?

実は、理解不十分のまま作業すすめていることってあるんですよねー。注意です。

あとクラウドサービスを活用することにあたって一番注意すべきはセキュリティの問題。ローカルで保存しようと、クラウドに保存しようと100%安全ってことはない(ネットにつないでいる限り)ですが、どこに情報漏えいの可能性があるのか?をきちんと理解したうえで活用してきたいですよね。

 

IMG 3156

つづいで、土黒が先週末に参加してきた、WEBアクセスに関する話。

WEB解析に私もGoogle Analyticsを使っていますが、こればっかりに頼り過ぎてはダメってこと。

Googleアナリティクスはすごく便利だし、いろんな情報が見れますが、見れる情報は過去に起こった事が数値で見れるというだけ。ユーザーがどんな見方をしたかはみることができなってことです。

ついつい数字に目が行きがちですが、いろんな角度から解析や施策ができるようになりたいですねー。

 

セミナーではいろいろと勉強になりましたが、最終的には「お客さんときちんと話をしましょう」っていう一言に落ち着きました。データはいろいろ取れますが、ホームページの事とかなんでも、きちんとお客さんとつながってお客さんの声を直に聞きましょうってことでした。

 

 

IMG 3157

ほんで最後は、4月に開催予定のプログラミングフェス(仮)に関する話をしました。

個人的には、OpenStreetMapを使ったマッピングパーティ-と取り込みたいと思ってます。こないだ使ってみて、男さん楽しかったから(笑

マッピングする情報はずばり、「障害者向け地図情報」

見えていなかった障害者向け情報を、みんなで調べてその調べた結果をマッピングしたいなーって思っています。物理的な情報だけでなく、お店とか人の対応情報とかも。